フランキーの世界一周航空券旅行記録

RTW FFP FSP トラブル オフ会など93カ国/世界八周旅行記

【豚のローストが激ウマ!】イタリアン イル プロフーモでの師匠とのオフ会

f:id:frankie-sakai:20181210130731j:plain

はいどうも。

今回は、イタリアンの「イル プロフーモ」で開催されたラスプーチンさんとのオフ会のレポートです。

流石師匠のお勧めというだけあって、素晴らしいお味と接客に大満足しました(笑)。

特に、メインの豚のローストが美味しくて、お代わりをお願いしたいぐらいでした。

オフ会概要

私の旅の師匠であるラスプーチンさんとほぼ二年ぶりにお会いする事になった。

普段はメールでやり取りしているのですが、直接お会いするのは久しぶりです。

www.mileage-monkey.com

www.mileage-monkey.com

理由は、私が一休comの割引クーポンを使えそうだったから。

f:id:frankie-sakai:20181210124604j:plain
一休クーポン

しかし、敢え無く落選してしまい、師匠と相談の結果、お勧めのイル プロフーモに決定。

⇒私も、以前から興味があったレストランですし、最寄駅から一本で行けそうなので、渡りに舟でした。

イル プロフーモ (Il Profumo) - 人形町/イタリア料理 [一休.comレストラン]

また、お気に入りのイタリアンVoloCosiは立地の問題があり、当分行けそうもないし。

Volocosiは、電車で行くのも自動車で行くのもきついという・・・。

www.mileage-monkey.com

イル プロフーモ メインの豚肉が美味しい!

店内は落ち着いた雰囲気かつお洒落な感じでしたが、テーブル間の距離が短いのが難点。

f:id:frankie-sakai:20181210125016j:plain
イル プロフーモ

ラスプーチンさんは既に着席済みでして、若造の私めが奥の席に座る事になり、恐縮です(汗)。

f:id:frankie-sakai:20181210125057j:plain
イル プロフーモ

とりあえず、Still(ガスなし水)を頂きます。

f:id:frankie-sakai:20181210125129j:plain
イル プロフーモ

更に、スプンマンテを一杯だけ頂きます。

ラッパ飲みしたい所でしたが、昼間なので、我慢我慢(笑)。

f:id:frankie-sakai:20181210125155j:plain
イル プロフーモ

久しぶりの再会を祝して、かんぱーい!(笑)。

f:id:frankie-sakai:20181210125454j:plain
イル プロフーモ

かなり気合が入ったメニュー(笑)。特に魚には自信があるようで、「小田原産朝どれ」の文字が。

個人的感想に過ぎませんが、イタリアンやフレンチの魚は鮮度が良くない印象が・・・。

f:id:frankie-sakai:20181210125536j:plain
イル プロフーモ

f:id:frankie-sakai:20181210125817j:plain
イル プロフーモ

メゴチ鯛のマリネ 旬の野菜盛り合わせ。

⇒彩りも良く、パッションフルーツなども載っていたので、苦手のサラダも完食(ホッ)。

f:id:frankie-sakai:20181210130023j:plain
イル プロフーモ

ソムリエの淵本さん拘りの二種類のオリーブオイルですが、素人の私には違いが良くわからなかったです(苦笑)。

f:id:frankie-sakai:20181210130146j:plain
イル プロフーモ

ホロホロ鳥のヴァリエーション。

⇒基本的に癖がある物が苦手な私には、微妙なお味でした。

f:id:frankie-sakai:20181210130314j:plain
イル プロフーモ

冷製カッペリーニ。

⇒見た目は素麺ぽいですが、秋刀魚のタルタルやオリーブオイルが効いて、美味でした(笑)。

f:id:frankie-sakai:20181210130409j:plain
イル プロフーモ

新鮮なエビやイカなどをふんだんに使い、リコッタチーズを包んだラビオリ。これまた美味しい!

f:id:frankie-sakai:20181210130607j:plain
イル プロフーモ

パンチェッタを巻いたチンタ・セネーゼ豚のロースト。

何でも、豚肉の中で最高級品だとか?

チンタ・セネーゼ豚 - Wikipedia

f:id:frankie-sakai:20181210130634j:plain
イル プロフーモ

取り分けて頂いた豚肉がこちらですが、かなり赤いですね(笑)。

ジューシーかつ柔らかくて、臭みもなくて、今まで食べた豚肉の中で一番美味しかった!

※ソースは赤ワインと無花果らしく、お肉とマッチしていました。

f:id:frankie-sakai:20181210130731j:plain
イル プロフーモ

洋梨のコンポートと栗の渋皮煮。こちらも美味しく頂きました(笑)。

f:id:frankie-sakai:20181210130829j:plain
イル プロフーモ

ただの茶菓子ですが、盛り付けというか演出まで凝っている(苦笑)。

f:id:frankie-sakai:20181210130907j:plain
イル プロフーモ

最後に、クレマが出来たカプチーノを頂いて終了です。あー美味しかった。ご馳走様でした。

ラテ系は要リクエストでして、必ず出てくるかわかりません(苦笑)。

f:id:frankie-sakai:20181210130934j:plain
イル プロフーモ

肝心のオフ会は、ここで申し上げられない「内緒話・RTW・共通の友人・ブログ運営」で盛り上がり、あっという間の二時間でした。

今回も思いがけずな事があり、師匠いつもありがとうございます!

またいつかお目にかかれます事楽しみにしています(笑)。

編集後記

初めて訪れたイル プロフーモは、衝撃的なお味でした(笑)。

前菜からメインそしてデザートに至るまで手の込んだ料理が多く、また盛り付けも美しくて、大満足でした。

しかし、唯一残念だったのはホロホロ鳥のバリエーションかなあ?!

次回は、鮮度抜群!の若くて綺麗な尾根遺産と再訪したいと感じたレストランでした。

最後に、私の旅の師匠であるラスプーチンさんのブログもご案内しておきます。

rtw1st.com