フランキーの世界一周航空券旅行記録

RTW/マイレージ/エラー運賃/ホテルなど97カ国旅行記

ウガンダ陸軍に拘束された!ビクトリア湖 シピ滝 珈琲ツアー

f:id:frankie-sakai:20191029045341j:plain

はいどうも。

今回は、2012年6月から8日間旅した東アフリカのウガンダの旅行記をリライトしました。

最大のハイライトは、首都カンパラUS大使館近くでウガンダ軍の兵士に一時拘束されてしまった事です(苦笑)。

また、シピ滝近くのコーヒーツアーでは地元の子供達と触れ合うことが出来て、今でも楽しい思い出です(笑)。

韓国人牧師とビクトリア湖観光

エンテベ空港に到着後、アライバルビザを取得し、荷物を受け取った。

www.mileage-monkey.com

f:id:frankie-sakai:20191029173056j:plain
エンテベ空港

空港内で休憩していると、韓国人の牧師さんから声を掛けられた。

君はどこから来たんだい?韓国人?日本人?中国人?

私の場合、韓国にも友人がいるので、韓国人に対する印象は悪くない。

www.mileage-monkey.com

アニョハセヨ!Unfortunately,I 'm Japanese.

日本人珍しいね。今夜の宿はカンパラ?良かったら宿まで送っていくよ。

ご厚意に感謝申し上げます。しかし、宿を決めていないので、辞退させて頂きます。

JICAの職員も知っているけど、話していみるかい?

ありがとうございます。しかし、明日はビクトリア湖にも寄りたいし、空港近くのホテルに泊まろうかなと。

了解。「あなたは神を信じますか?」ジーザス云々かんぬん・・・10分間講話が続く(グハッ!)。

ポイント

宗教関係の方からのオファーは、自分の信じる宗教への勧誘が目的なので、辞退が望ましい(苦笑)。

ホテルに一泊後、ビクトリア湖に行くため、通称ボダボダ(バイクタクシー)の運転手と、4,000シリングで交渉成立。レッツゴー!


これが淡水湖では世界二位の大きさを誇るというビクトリア湖。

画像左に写っているのが、ボダボダの運転手。意外と良い奴でした(笑)。


漁をしている人もいたが、あいにく本日は「NO FISH」との事、残念(笑)

ウガンダ陸軍に一時拘束される

第一目的であるスーダン大使館でのビザ取得は、休業日ということで、断念した。

www.mileage-monkey.com

f:id:frankie-sakai:20191030092000j:plain
スーダンビザ

宿は、評判の良かった「Adonaiゲストハウス」で直接交渉し、一泊US40→30ドルで交渉成立。

Adonai Guest House -ウガンダ-【 2019年最新の料金比較・口コミ・宿泊予約 】- トリップアドバイザー

3人部屋が回って来た。シャワー共有だけど、蚊帳もあり、広くて綺麗だ。

東アフリカ名物の「タスカービール」を買って、宿の庭で一人寂しく乾杯(笑)。

翌日道の前で地図を広げて、バイタクを待っていた所、ウガンダ軍に拘束されてしまった!

Hey!お前何やっているんだ!ここは、USA大使館の前だぞ。

f:id:frankie-sakai:20191029175348j:plain
ウガンダUSA大使館

はあ?タクシーを待っているだけだけですよ。

手に持っているのは何だ?

いや、日本のガイドブック(地球の歩き方)のコピーでっせ。

炎天下の中、銃口を向けられたまま、3時間拘束され、尋問の連続で写真まで撮られた(苦笑)。

戦訓

US大使館近くで立ち止まってはいけない。コピーは特に怪しまれる。

調書にお前の両親の氏名や住所も書け!

親は関係ないだろう?!絶対に書きません!(5分間沈黙)

(猫なで声で)。ごめんなー。こっちも規則なんだよ(笑)。どうやったら書いてくれる?

ここにいる全員が私に「ごめんなさい!」と謝れば、書く用意がある(怒)。

(上機嫌で)OK!OK!ごめんねー(笑)。

(不機嫌のまま)しょうがない、書きますよ。全員と握手して一件落着(笑)。

上記が影響したとは思えませんが、後年イランやスーダン訪問歴が発覚し、ESTAを剥奪されてしまいましたが。

www.mileage-monkey.com

帰り道に、フードコート内のインド料理店で遅い昼飯。味はかなり良かった。

乗り合いバスが集まる通称タクシーパークへ。当時は世界一の規模と言われていました。

マーケットにも寄ってみたが、見るべき物もなく、雰囲気も良くなかった。

シピ滝へ移動

移動は、東アフリカ名物のマタトゥ(15,000+荷物代2,000)を選択。


到着が夜になったため、ムバレで一泊する事にし、ガイドブック記載のインド人経営の宿へ。


しかし、安宿のため、トイレ時々流れず、ホットシャワー使えたのは夜の数時間のみ(苦笑)。


翌日シピ村への移動には、最高7人を乗せた乗り合いタクシー(7千シリング)。

はい、チーズ!と乗客の皆さんと記念撮影(笑)。

今回の宿は、ロンプラの掲示板で見つけたLacam logdeへ。

一泊7万シリングと少し高めだが、立地最高+三食付だから、悪くない。

ラカム ロッジ (Lacam Lodge) -シピ-【 2019年最新の料金比較・口コミ・宿泊予約 】- トリップアドバイザー

お腹空いていたので、昼食をリクエスト(東アフリカの中ではおいしい方でした)。

f:id:frankie-sakai:20191029183419j:plain
ランチ

シピ滝と珈琲豆作り見学ツアー

数種類のツアーの中から、滝見学(2万シリング)と珈琲作り見学(4万)を選択。

ガイドは、ポーターも兼ねて専任となった「ケネス」。

基本的に良い奴でしたが、チップが少ないと露骨に不満顔するのが彼の特徴(苦笑)。

シピ滝の入場料千シリング払って、ツアー開始。滝が見えて来たぞ~

小さな滝なので、滝の後ろに回れました。

規模は小さいけど、意外と迫力がありました。

近くの別の滝。新兵器の「OM-D」の威力は、さすがです。

今度は、宿の目の前にある滝。ケネスによると、シピには大きな滝が3個あるそうだ。

アイリッシュ畑とバナナ農園らしい。遠くに見えるのはシピ滝のようだ。

生後4か月のコーヒー豆の画像です。

8か月経過したコーヒー豆。ここまで来ると、食べることもできるらしい。

ケネスが実際に手に取って、味見していた(笑)。私は当然辞退。

ケネス宅へ。しかし、急な来訪に子供達は泣きながら、逃げてしまった(笑)

近所の男の子。随分と人懐っこい子で、握手を求めてきたり、恥ずかしがったり、かわいい(笑)。

恥ずかしがりながらも、どんどん子供達が集まってきた。

「生のコーヒー豆」を調達して貰い、早速開始。ピーナツみたいだな。

餅つきみたいな感じで、細かく砕いていた。

次は、豆の殻を剥がす作業。しかし、意外とこれが面倒でした。

ケネスの奥さんが、豆を振りながら、選別をしていた。

ケネス不在の間に、近所の女の子に私の帽子とサングラスを着せて、遊んでみた。

ケネスの奥さんにサングラスを付けて貰ったが、似合い過ぎて、ちと怖い(笑)。

奥さんにコーヒーを焙煎して貰ったが、これが結構暑くて大変な作業。

焙煎終わった後のコーヒー豆。食べてみたら、ポップコーンみたいな感じだった。

この頃になると、子供達も打ち解けてきて、段々素顔を見せてくれるようになってきた。

ケネスもこの笑顔(笑)。最初は口論した時もあったが、最後は仲良くなれた気がする。

試飲タイム。味はかなり濃く、フレンチローストみたいだったが、新鮮で結構おいしかった(笑)。

完全に私になついてしまった近所の女の子が私を呼び、写真を撮れと要求。

ケネス一家の笑顔を撮影してツアー終了!楽しくかつ得難い体験でした。

f:id:frankie-sakai:20191029172219j:plain
ケネス一家

編集後記

二回分の旅行記を一回にまとめたので、長くなってしまい、申し訳ありません(苦笑)。

しかし、こういった旅行記は書いていて楽しいので、編集作業は苦になりませんでした。

思うに、手段が目的化したファーストクラスやスイートルームを楽しむ旅も悪くないですが、たまにはアフリカや中東など途上国での思い出作りも一興かと。

言語・宗教・文化の壁を越えた「一期一会の旅」も良いものですし、自然と触れ合うのも海外旅行の醍醐味だと思います。

www.mileage-monkey.com